キャッシング審査基準はどんなもの?

 
誰もが消費者金融でキャッシングを申し込む際、融資審査に通過できるかどうか最後まで不安ですよね。
審査基準というのがあらかじめはっきりと明確であればよいのですが、人によって収入や勤務年数、他社借入など細かく違いがあるので明確にすることは難しいですし、会社によっても違いがあり、明確なラインとしての公表はしていません。

 

おおよそのラインとしては、まずは申込みフォームの記載内容で申し込み者の属性を調べます。住居状況や居住年数、家族、電話の有無、職業、勤務先の規模、勤続年数などです。

 

持ち家で長く住んでいて、勤務先の勤続年数も長いというのは生活が安定していて信用度が高いということなので審査に通過できる可能性は高くなります。

 

逆に転々と引越しをしていたり、電話が無かったり、勤続年数が短かったりすると急に連絡が取れなくなったり、会社を辞めてしまったりという不安があるのでお金を貸す方からすると慎重になるので審査は厳しくなります。

 

また消費者金融で借りれる金額というのは限度があります。借り入れ金額というのは年収の3分の1までと決められているのです。

 

これ以上の金額を希望している場合や他社に借り入れがあり年収の3分の1近くまですでに借りられていると審査は不利になります。他社からの借入状況や過去の取引状況なども審査では重要視されます。

 

申込みフォームに記載をするとき他社の借入件数などを少なく記載したとしてもすぐにばれてしまうので嘘の記載をすることも注意しましょう。

正直に状況を記載することが大切です。
消費者金融は銀行よりも審査が甘いといわれてるように、多重債務者や無職でないなど、よほどでない限り、審査に落ちるということはあまりありませんので安心して借り入れ申し込みをしてみましょう。